【カナトミ】金富小学校

この施設 1km以内の周辺物件を見る

春日2丁目6番にある区立校。明治41年4月18日木造2階建て校舎が誕生した当時、礫川・明化・黒田・第一(柳町)・第二(小日向台)が開校していたが、公立学校の数は不足していた。前年の法律改正でこの年度から小学校尋常科の修業年限が4年制から6年制から替わり、小学校の数、施設ともますます不足することとなった。そこで第三小学校の開校が急がれた。新入生250名、黒田・礫川・私学などから807名が移籍、1057名でスタート、「東京市こいしかわ金富尋常小学校」として開校した。大正15年講堂を含む北側校舎増改築。昭和9年職員室を含む西側校舎改築。同16年国民学校令により「東京府東京市金富国民学校」と改称。12月日米開戦。同18年都制施行により「東京都金富国民学校」と改称。同19年宮城県鳴子温泉に学童集団疎開。同22年学制改革により「東京都文京区金富小学校」と改称。同23年新運動場完成。同25年父兄会を廃し、PTAを設立。校歌制定。

【校歌「その名ゆかしき」】 作詞作曲・大槻貞一

  1.その名ゆかしき江戸川河畔
    秀麗富士を仰ぎて建てる
    これぞ楽しき我らが母校
    学ばん我らは金富健児

  2.瑞祥多き五三の桐は
    進む前途に希望の光
    これぞめでたき我らが徽章
    翳さん我らは金富健児

  3.強く正しく朗らかなれと
    学びの庭に手に手を取りて
    これぞ定むる我らが校訓
    守らん我らは金富健児

 同33年創立50周年。同39年プール完成。同42年「母校を忘れずに」碑建立。同43年創立60周年記念式典。同53年創立70周年記念式典。同54年校舎全面建替えのため仮校舎に移転。同55年旧校舎解体。同57年新校舎竣工

校名の由来
 東京市小石川第三尋常小学校として、開校準備を進めてきたが、開校直前地元の要望により所在地金富町の金富を冠することになった。因みに地名金富の由来は、明治初年金杉水道町・金剛寺門前・富坂新町を合併して一つ町とした時、それぞれの頭文字を取って組み合わせたものだ。

この施設 1km以内の周辺物件を見る

このページのTOPへ