【コマモト】駒本小学校

この施設 1km以内の周辺物件を見る

 向丘2丁目37番にある区立校。

 [戦前]
 明治9年3月駒込追分町30番地(現向丘高校)に「十五番小学駒本学校」として開校。
 昭和16年
国民学校令により「東京府東京市駒本国民学校」と改称。太平洋戦争勃発。同18年都制施行により「東京都駒本国民学校」と改称。同19年学童集団疎開。同20年4月空爆により校舎全焼。児童は昭和・誠之・汐見3校に移籍。10月疎開解除により児童帰校。同21年再起ならず廃校

 [戦後]
 昭和29年現在地に木造2階建て8教室を建て「東京都文京区駒本小学校」として開校。新入生のみ186名でスタート。校名は地元の強い要望で、駒本を踏襲した。同30年児童数467名。8教室増築。同31年737名。4教室増築。同33年児童数は1122名となり1年~6年生まで全学年が揃う。校歌制定。

【校歌「爽やかな緑に萌える若枝に」】 作詞・小林純一/作曲・中田喜直

  1.爽やかな緑に萌える若枝に
    未来を望む 私たち駒本小学生
    風も明るいこの庭で
    伸びよう みんな健やかにみ
    過ごそう みんな朗らかに
  2.紅の桜に薫る校章を
    理想と誇る 私たちこ駒本小学生
    光溢れる この窓で
    学ぼう 日々に新しく
    歌おう いつも声高く

 同34年1226名のピーク達す。同36年プール完成。同37年体育館完成。同44年12月~同45年10月第一期工事完了。西側校舎建替え落成。同46年6月第二期工事完了。防音校舎落成。同48年3月第三期工事完了特別教室・職員室など落成。同52年家庭科室改修。同59年創立30周年記念式典。平成元年機械警備開始。同8年コンピュータ室完成。同16年創立50周年記念式典。

このページのTOPへ