地名の由来「練馬区編」

練馬区の変遷と由来等

練馬区の変遷  現在の練馬区の区域に入る江戸時代の中新井村・中村・上練馬村・下練馬村・上土支田村・下土支田村・上石神井村・下石神井村・田中村・田中新田・谷原村(やわらむら)・関村・竹下新田・江古田新田・小榑村・橋戸村の1 …
[ 詳細 ]

【アサヒガオカ】旭丘の由来 1丁目~2丁目

 この町と小竹町は昭和22年練馬区が独立する際、板橋区上板橋町から分与されたもの。だから地図を見ると妙に出っ張ってる。その時上板橋第三小学校も練馬区に移管され、校歌の一節「昇る朝日」をヒントに、区内では最初に朝日を仰ぐ東 …
[ 詳細 ]

【アサヒマチ】旭町の由来 1丁目~3丁目

 昭和24年練馬の冠称を外した際、土支田1丁目は独立することが町会で決議され、改名することにし、爽やかに昇る朝日の勢いに肖らんと旭町をと命名した。  下土支田村。明治11年北豊島郡所属、同22年上練馬村大字下土支田。昭和 …
[ 詳細 ]

【オオイズミガクエンチョウ】大泉学園町の由来 1丁目~9丁目

 西武グループ(旧コクド及び旧セゾングループ)の創業者、堤康次郎と村民の希望で、小田急の成城学園や玉川学園のような学園都市を目指し、東京商科大学(一橋大学)の転地を待ったのだが、大学の教授陣が、当時の箱根土地株式会社(後 …
[ 詳細 ]

【オオイズミチョウ】大泉町の由来 1丁目~6丁目

 江戸時代に大泉村があった訳ではない。現在区内に「大泉」の名のつく地名は、大泉町(橋戸村)・大泉学園町(下小榑)・西大泉(中小榑)・南大泉(上小榑)・東大泉(上土支田)と五つあり広範囲に及んでいる。  明治22年4月埼玉 …
[ 詳細 ]

【カスガチョウ】春日町の由来 1丁目~6丁目

 5丁目2番にある旧村社春日神社による。「春日」としなかったのは、文京区春日があるからだが、あっちは春日局にちなむ。  上練馬村字中ノ宮・海老ヶ谷戸・尾崎。明治11年「郡区町村編制法」により北豊島郡所属、同22年「市制町 …
[ 詳細 ]

【カミシャクジイ】上石神井の由来 1丁目~4丁目

 「上」は京都に近い方ということだが、明治以後は東京が首都のようになって逆転、江戸時代は上洛といえば京都に行くことだったが、現在は上京といえば東京に行くことだ。しかし法律上「遷都」は行われていないから、上京というのは間違 …
[ 詳細 ]

【カミシャクジイミナミチョウ】上石神井南町の由来 

 町域が上石神井の南側にあることによるが、上石神井村の村域に属した訳ではない。石神井の由来については【石神井町】を参照。  下石神井村字原久保。明治11年「郡区町村編制法」により北豊島郡に所属した、同22年「市制町村制」 …
[ 詳細 ]

このページのTOPへ