地名の由来「渋谷区編」

渋谷区の変遷と由来等

渋谷区の変遷  現在の渋谷区の区域に入る江戸時代の町村は、慶応四年(1868)松村武蔵知県事に所属したのち、明治2年2月9日下渋谷村・中渋谷村・原宿村・下豊沢村・千駄ヶ谷村・宮益町は東京府に、上渋谷村・代々木村・幡ヶ谷村 …
[ 詳細 ]

【ウエハラ】上原の由来 1丁目~3丁目

 小田急線の高架になっているところに「代々木上原駅」がある。これは「祖師谷・大蔵」や田園都市線の「池尻・大橋」のように二つの地名を合体させた名前じゃあない。代々木村の上原地区というところなのだ。代々木八幡駅と東北沢駅が地 …
[ 詳細 ]

【ウグイスダニチョウ】鶯谷町の由来

 町内を流れていた谷川(三田用水鉢山口水路)に架けられていた「鶯橋」にちなむが、往時は鶯の啼く里山だったのだろう。延岡藩内藤家の薪山(まきやま=燃料を供出する森)で鶯谷といったかどうか判らないが、谷川の跡は殆んど路地とし …
[ 詳細 ]

【ウダガワチョウ】宇田川町の由来

 渋谷川の支流宇田川の下流が渋谷川に接する辺りは、室町時代末期上杉の臣宇田川和泉守またその子喜兵衛によって開発されたという。和泉守は港区の宇田川も開発しており、その子喜兵衛またその子孫は代々芝宇田川町の名主を務めた。しか …
[ 詳細 ]

【エビス】恵比寿の由来 1丁目~4丁目

 これほど珍しい地名の発祥もない。恵比寿村でも字恵比寿を引き継いだものでもなく、恵比寿神社がある訳でも、恵比寿関連の故事があった訳でもないのだ。大日本麥酒醸造有限会社(サッポロビールとアサヒビールの前身)の、恵比寿信仰に …
[ 詳細 ]

【エビスニシ】恵比寿西の由来 1丁目~2丁目

  町名は「恵比寿駅の西側」の意だが実際は西北に当たる。恵比寿の由来は「恵比寿」を参照のこと。  下渋谷村・渋谷広尾町。明治22年渋谷村大字下渋谷・渋谷広尾町、同42年渋谷町大字下渋谷・渋谷広尾町、昭和3年下通・公会堂通 …
[ 詳細 ]

【エビスミナミ】恵比寿南の由来 1丁目~3丁目

 町名は「恵比寿駅の西側地区の南部」の意。実際は駅の西側に当たる。こっちを「恵比寿西」としたほうが良かった。恵比寿の由来は「恵比寿」に記載。  下渋谷村。明治22年渋谷村大字下渋谷、同42年渋谷町大字下渋谷、昭和3年町名 …
[ 詳細 ]

【オオヤマチョウ】大山町の由来

 代々幡町大字代々木字大山によるが、元々は代々木本村上原の内で、大山という幽邃深遠の鬱蒼たる森だった。人家は全くなかったという。蒔山として利用されるのみで、木戸孝允(桂小五郎)→青木周蔵→鈴木善助と所 …
[ 詳細 ]

このページのTOPへ