地名の由来「新宿区編」

【イチガヤサドハラチョウ】市谷砂土原町の由来

 初め家康の知恵袋と謳われた本多佐渡守正信の屋敷があったことで、その跡地が佐渡原と呼ばれたが、やがて市谷田町などを埋め立てる土取場となり、粋者がいて砂土取場といったのと佐渡原がこんがらがって砂土原となったものだろうという …
[ 詳細 ]

【イチガヤサナイチョウ】市谷佐内町の由来

 初め地形が傾斜地なので単に坂町と呼んだが、坂道が島田左内の屋敷に沿っていたので左内坂と呼ばれた。それでいつしか左内坂町と俗称されるようになって定着。明治になって正式に行政地名となった。町内に特別なものはない。ありふれた …
[ 詳細 ]

【イチガヤダイマチ】市谷台町の由来

 町名は谷に対して台地であることによる。新宿通り住吉町の交差点から台町坂を上がる両側の町。  市谷村。江戸時代は備中松山藩板倉家下屋敷・武州金沢藩米倉家下屋敷・御先手大繩地。明治になって市谷谷町の93番地となり、全域に …
[ 詳細 ]

【イチガヤタカジョウマチ】市谷鷹匠町の由来

 町名は江戸時代からの俗称で由来は鷹匠組屋敷があったことに因む。町内に「ごみ坂」があるが、ごみ捨て場あったことによる。長延寺坂とも暗闇坂とも。鼠坂は細くて狭いことから「鼠しか通れない」との洒落でその名が起きた。現在も住宅 …
[ 詳細 ]

【イチガヤタマチ】市谷田町の由来 1丁目~3丁目

 布田の由来は不詳。部落の共同耕作地「札田」ではなかろうか(新宿区町名誌)。町名は水田を埋め立ててできた町なのでその名がある。  市谷村。堀瑞に開かれた布田新田の一部が元和六年(1620)町屋になったが、市谷堀掘削のた …
[ 詳細 ]

【イチガヤチョウエンジマチ】市谷長延寺町の由来

 町全体が谷間に展開し、その中腹に杉並区に移転していった万昌山長延寺という寺があって、その谷間を「長延寺谷」と呼んでいたことによる。この谷は紅葉川渓谷の一の谷で、こここそが「市ヶ谷の発祥の谷間」だという説がある。市谷左内 …
[ 詳細 ]

【イチガヤナカノチョウ】市谷仲之町の由来

 尾張藩徳川家上屋敷と河田町別邸との中間にあるので仲之町の俗称があった。  市谷村。根来百人組与力大繩地・西丸御書院与力大繩地・旗本屋敷・尾張殿馬場・鉄砲角場。  明治4年正式に市谷仲之町となる。昭和61年市谷仲之町に …
[ 詳細 ]

【イチガヤハチマンチョウ】市谷八幡町の由来

 太田道灌が江戸城鎮護のため今の番町のところに鶴岡八幡を勧請し鶴に対して亀とした。寛永の頃社地境内を大番組の組屋敷とするので現在地に移転させられた。町名はその門前町であることによる。 八幡神  お稲荷さんに次いで多い八 …
[ 詳細 ]

このページのTOPへ