【ワセダツルマキチョウ】早稲田鶴巻町の由来

 早稲田村の小名だったが、謂れは小日向村に放し飼いにされていた鶴が飛来するので鶴番を置いたことによる(新編武蔵風土記)というが、それでは「鶴舞」か「舞鶴」になったろう。蟹川の流域なので湧水(水流巻き)が由来だろう。「水流」は「つる」と読み、湧水が渦巻いている状態をいう。「早稲田茗荷」が採れるほどの清流があった。この一帯は元々は江戸湾の入江で、神田川の河原となり、陸地化し牛込(牛の牧場)となったのだ。早稲田鶴巻も各地の「鶴巻・弦巻」の由来がそうであるように、滾々と沸き出ずる湧水があったことによると思われる。

 早稲田村。明治11年早稲田村は純農村だったので「郡区町村編制令」により南豊島郡の所属となり、同12年中里村の一部を、同18年牛込村の残りをあわせ、同22年牛込区に所属し、同24年現行の「早稲田鶴巻町」と改名した。

このページのTOPへ