【シモミヤビチョウ】下宮比町の由来

 町名は旗本(久世氏)の屋敷にあった宮比神社を現在地に移して社を建てたことによる。祭神は宮比神(大宮売命・天鈿女命)。宮比町は高台と低地とがあり、下は低地の意。

 牛込村。江戸時代は武家地。明治2年宮比町成立。明治5年高台側を上宮比町とし戦後神楽坂4丁目となった。低地が下宮比町で、昭和63年新住居表示を実施して新小川町・揚場町・津久戸町・神楽河岸の各ごく一部をあわせた町域を現行の「下宮比町」としたが僅かの町域で3番地までしかない。

このページのTOPへ