【アゲバチョウ】揚場町の由来

 町名は外濠の荷上場「揚場河岸」に因んで命名された。江戸時代以前から大沼に面し牛込城の荷上場として古くからあった。

 牛込村。江戸時代は初め旗本武家地だったが荷上場の都合で次第に町場となり揚場町の名が付いた。明治5年北側の武家地を合わせて牛込揚場町を起立、同44年「市制町村制」の改正により牛込の冠称を外した。昭和63年津久戸町・下宮比町・神楽坂1~3丁目の各一部を併せた町域を現行の「揚場町」とした。

このページのTOPへ