【アイズミチョウ】愛住町の由来

 町名は特に謂れはなく、「隣人を愛しながら助け合って仲良く住む町にしたい」との希望を込めたと思われる(新宿区町名誌)。

 江戸以前は薄原で「潮踏の里」と呼ばれた地域の一部。。江戸時代は養国寺・全長寺・地福院・浄蓮寺・延寿院・法雲寺・正応寺・安禅寺・和光院・光円寺・永昌寺・真福寺の寺地と旗本屋敷・筒持組大縄地。明治5年それらを合わせて「四谷愛住町」を起立。同44年から四谷の冠称を外し、昭和58年一部を富久町に、同61年一部を住吉町に譲り現在に至っている。

大縄地

 下級武士の宅地は職務上で同じ組に属する者がまとまって1ヶ所に包括的に居住地を与えられたためが、これは土地を一括りにすることから大縄地・大縄屋敷といわれた。大番以下の旗本組屋敷、建物地だけではなく、農地、拝領地も含めてこう呼んだようだ。

このページのTOPへ