透湿防水シート

透湿防水シートとは、外部からの水は通さないが、内部からの湿気(水蒸気)は通す性質をもつシートです。
壁内の湿気を屋外に排出し、壁内の結露を防ぐ効果がありますので、外壁通気工法を採用する事によりさらに効果を発揮します。

木造住宅の外壁の中は、室内からの湿気が入り込んだり、あるいは断熱材の欠損があると壁内結露(内部結露)を起こす可能性が高いとされています。
このような状態を改善する為に外壁通気工法という方法が開発されました。

外壁通気法とは、透湿防水シートで壁を覆い、外壁材との間に外気が流 れる層をつくることによって、壁内の湿気を透湿防水シートから通気層を通して外部に放出する方法です。 
この工法のメリットは、壁体内結露を少なくすることが出来る事にあり、 その結果、建物の耐久性が向上することになります。

このページのTOPへ