フラット35Sエコ

平成23年度第三次補正予算の成立に伴ったフラット35の新商品。
東日本大震災からの復興・住宅の省CO2対策を推進するため、省エネルギー性の優れた住宅について、フラット35Sの金利引き下げ幅を拡大。
金利引下幅は当初5年間が0.7%優遇、6年目以降10年目まで0.3%優遇となり、長期優良住宅で、6年目以降20年目まで0.3%優遇。

従来のフラット35Sの基準の中の省エネ基準に対応していることが条件となります。

予算に上限があり、予算に到達次第終了します。

このページのTOPへ