【シャクジイニシ】石神井西小学校

この施設 1km以内の周辺物件を見る

関町北1丁目1番にある区立校。
明治7年東京府豊島郡第三中学区五番小学豊島学校設立の際、関町北4丁目の本立寺を仮校舎として同校三番分校を開設。同9年関村最勝寺を校舎として「第三中学区第二二番公立小学関学校」として独立。同13年最勝寺から関村甲82番地の現在地へ移転、新校舎を建築、敷地105坪、建物20.5坪。同34年北豊島郡関学校は廃止され、「北豊島郡石神井村立石神井西小学校」となる。
昭和7年東京市に編入、「東京府東京市石神井西尋常小学校」と改称。同16年勅令148号「国民学校令」により「東京府東京市石神井西国民学校」に改称。同18年都制施行により「東京都石神井西国民学校」と改称。同22年学制改革(学校教育法施行)により「東京都板橋区立石神井西小学校」と校名改称。同年練馬区が成立して「練馬区立石神井西小学校」に変更。

 校歌「所縁も深き」

  1.所縁も深き武蔵野の
    泉の辺り緑濃き
    岡に聳ゆる学び舎は
    吾等が母校 石神井西小学校

  2.流れも清き石神井の
    豊かな土に恵まれて
    若き生命の伸び伸びと
    
吾等が誇り 石神井西小学校

  3.遥かに仰ぐ富士の根の
    朝夕べに照り映えて
    
理想の花の咲き匂う
    吾等が誇り 石神井西小学校


 同31年関町小学校分離独立。昭和32年3月まで2部授業。同34年関町北小学校分離独立。同
37年立野小学校分離独立。同42年特殊学級開設。同46年校舎竣工。同51年開校100周年記
念式典挙行。

 開校100周年記念歌「羽ばたけ西小」

    みどりに染まる武蔵野の
    面影残す 町に今
    朝日を浴びて 光る窓
    日本で初めて 開かれた
    小学校のその一つ
    わたしたちの西小 わたしたちの西小
    石神井西小

このページのTOPへ