【カイシンダイイチ】開進第一小学校

この施設 1km以内の周辺物件を見る

 早宮2丁目1番にある名門小学校。

 明治15年現在の開一中の辺りに開進小学校として開校。
 校長室には今でも、同44年小松原英太郎文部大臣揮毫の「開智以進徳」の立派な書が樫の板に彫られて掲げられている。
 同27年校舎新築。大正7年校歌制定。同大正12年関東大震災に被災。昭和3年開進第二小学校を分校。同4年開進第一尋常小学校に改称。同7年開校50周年、記念式典を挙行。この年開進第三小学校を分校。
 同16年東京市開進第一国民学校となる。同22年練馬区立開進第一小学校に改称。同27年北町小学校を分校。同28年開校70周年。同33年仲町小学校を分校。同44年プール完成。同45年鉄筋校舎完成。同47年開校90周年。記念式典に於いて新校歌制定。

 新校歌「大きないちょうの木」 作詞・柳沢弘  作曲・西沢昭男

   大きな いちょうの木
   いまは わかば
   だから みどりの風がふく
   こずえがなる
   遠いれきしを歌います
   そうです みんなの開一小

 同52年早宮小学校を分校。
 同57年開校100周年。記念式典に於いて記念碑完成除幕同63年新体育館完成。平成2年 新図書室PC導入。同12年パソコン室完成。同19年創立125周年を迎える。

 
大楠木

 正門脇にある。区内で3番目に大きい楠木で、練馬名木100選の1。
 大正4年大正天皇御大礼を奉祝して校舎玄関前に記念植樹された。しかし昭和12年の校舎改築の際に現在地移されてしまった。
 植樹されたときの樹齢が不明だが、概ね90~100年になると考えられる。樹高20.7m、目通り2.95mになる。 主幹は地表2mくらいのところで切断された痕があり、そこから二股になっている。しかし先端はよく分枝し、大木で典型的な楠木の樹冠をしている。また区内で歴史のある小学校に、古くに植樹された楠木は、地域の人々に大切にされている。

このページのTOPへ