建築条件付き?

建築条件付きとは、どういった内容ですか?
  1. チラシやネット広告とかでよく目にする言葉だね。
    建築条件付き土地なら、その旨を示す表記がない広告を出してはならんと法令で定められておってな。
    建築条件付き土地を簡単に説明すると、土地を購入する前提として住宅を建てる条件があらかじめ決められているんじゃ。
    具体的には、建築を依頼する会社は土地の売主、もしくはその代理人でなくてはならなかったり、建築工事請負契約の期限もあり、土地の売買契約を結んでから通常は3ヵ月以内。その間に契約しなければ、土地の売買契約も無条件で解除となり、支払った費用の全額が返却されるといったものじゃ。
  2. えー。気に入った建築会社に頼めないし、契約までに期限があるんだね。
    そうじゃな。 それ以外にも施工会社によっては使用できない材質や工法があったり、決まった期間内に工事請負契約を結ぶ必要があるから、じっくりプランを練る時間がなかったりするんじゃ。
  3. 建築条件付き土地にメリットはあるの?
    うむ。売主側としては、結果的に土地・建物をセットで売るため、価格設定が割安になる。たいていは間取りの参考プランが用意され、土地購入+注文住宅に比べると全体像が把握しやすく、資金計画を立てやすいのがポイントじゃな。
    金額、時間、希望の間取り等々、何を優先すべきか考えて建築条件付き土地にするのか否か決めるのが良いじゃろう。

このページのTOPへ