【オオクボ】大久保小学校

この施設 1km以内の周辺物件を見る

大久保1丁目1番にある区立校。明治12年寺子屋の延長線上にあった私立の東大久保村の土肥小学校、西大久保村の明道小学校、大久保百人町の翠雲小学校の児童90名を集めて、南豊島郡西大久保村252番地(大久保1‐8)に「大久保小学校」として開校。学区は前記の3ヶ村に諏訪村を加えた4ヶ村。同15年学制改革により初等科と中等科の二科設置。同17年高等科設置。
同19年小学校令により「その程度ではない」と判定され高等科廃止。小学校令公布により4年の義務教育となり、「東京府南豊多摩郡大久保尋常小学校」と改称。同22年町村制の施行により、東大久保村・西大久保村・大久保百人町が合併して南豊島郡大久保村となり、この時諏訪村は戸塚町に編入されたが、大久保小学校の学区のままとされた。同25年大字西大久保仲通263番地(現在地)に新校舎落成。再び高等科併置が認められ、「東京府南豊多摩郡大久保尋常高等小学校」と改称。同32年校地東側200坪を借入。同41年小学校令改正。東京府南豊多摩郡大久保尋常小学校 大正7年戸山尋常小学校を分校。約半数の児童900名移籍。同11年天神小学校を分校。児童860名を移籍。同7年講堂兼雨天体操場(体育館)完成。
 昭和7年周辺郡部の東京市編入により淀橋区成立し、「東京府東京市大久保尋常小学校」と改称。同13年迎光高等小学校が新設され、高等科児童298名を移籍し「東京府東京市大久保尋常小学校」と改称。同14年創立60周年記念式典・校歌制定(「新宿区教育百年史」では昭和
15年制定としている)

 校歌「誉れ高き」 作詞・水沢澄夫  作曲・福井直秋

  1.誉れ高き我が校大久保
    大君の御膝の下に
    朝夕に我ら知徳を磨かん
  2.雲浮かぶ日 風の日 我ら
    この庭に学び遊びて
    日の本の猛き益荒男たらん
  3.雨煙る日 雪の日 我ら
    この窓に学び遊びて
    日の本の愛(は)しき乙女とならん

 同16年勅令148号国民学校令により「東京府東京市大久保国民学校」と改称。12月日米開戦。同18年都制施行により「東京都大久保国民学校」と改称。同19年群馬県吾妻郡草津町に学童集団疎開。同20年4月碓氷郡安中町に第2次学童集団疎開。同14日空爆により校舎全焼。天神国民学校に事務を移す。5月25日空爆により天神国民学校も全焼し、淀橋第六国民学校に事務を移す。6月戸塚第一国民学校に事務を移す。
 10月戸塚第一・四谷第五国民学校と壕舎(防空壕に屋根を載せた地下の建物を仮校舎に授業再開。同21年淀橋第五国民学校(女子校)を併合。第1次校舎復興、移転。全学年二部授業。同22年学制改革により「東京都新宿区立大久保小学校」と改称。同24年東戸山小学校の開校により児童69名移籍。同25年歌詞修正・水沢澄夫。

  1.誉れ高き我が校大久保
    大いなる希望抱いて
    朝夕に我ら知徳を磨かん
  2.雲浮かぶ日 風の日 我ら
    この庭に学び遊びて
    日の本をたつる男の子とならん
  3.雨煙る日 雪の日 我ら
    この窓に学び遊びて
    日の本の愛(は)しき乙女とならん
  4.歴史長き我が校大久保
    人の世の文化進めん
    ここに出でて我ら 世に立たん日は

 同39年幼稚園併設。同49年5月鉄筋コンクリート造り校舎に改築。同53年新住居表示により現住所となる。同54年創立100周年記念式典。同61年校地内に小泉八雲顕彰碑建立。
 平成元年創立110周年記念式典。同2年暖房化。同4年北校舎と体育館を改修。同9年コンピュータ室設置。同10年校舎耐震化。同12年創立120周年記念式典。地方自治法改正により東京都の冠称が取れ「新宿区立大久保小学校」と改称。インターネット接続。

この施設 1km以内の周辺物件を見る

このページのTOPへ