【ツクド】津久戸小学校

この施設 1km以内の周辺物件を見る

津久戸町2番にある区立校。明治37年牛込区津久戸前町15番地「東京府東京市津久戸尋常小学校」として開校。校地は旧二条公爵の屋敷で、9月校章校歌制定。

 校歌「明治の大帝(おおきみ)」 作詞・職員  作曲・田村虎蔵

1.明治の大帝 給ひつる
  大詔(おおみことのり)畏みて
  子等は津久戸の学舎に
  倦まず摘まなん教草
  津久戸の神の御鏡の
  光をその身に添えんため
2.光のどけき春の日の
  桜の御国守るべき
  子等は津久戸の学舎に
  倦まず摘まなん教草
  津久戸の神の御鏡の
  光をその身に添えんため

同38年高等科を併置して「東京府東京市津久戸尋常高等小学校」と改称。同41年牛込高等小学校の設立により、高等科の生徒を移籍して「東京府東京市津久戸尋常小学校」と改称。大正13年東京市牛込商業実務学校を併置。昭和8年鉄筋コンクリート造り校舎(普通教室24・特別教室5)新築。

 同16年国民学校令により「東京府東京市津久戸国民学校」と改称。12月日米開戦。同18年都制施行により「東京都津久戸国民学校」と改称。同19年6月有志児童が嶽戦時学園に20名、7月小涌谷戦時学園に27名が疎開、8月栃木県鹿沼町・北押原村・菊沢村の4寮に359名が学童集団疎開。同20年4月空爆により3階東側の7教室を焼失。6月東部13376部隊が校舎の一部使用。また赤城国民学校も焼け出され、校舎の一部を使用した。
10月疎開解除により学童帰校。同21年3月赤城国民学校が廃校となり、同校児童を吸収。
4月「牛込区第一国民学校」と改称。同22年3月学制改革により「東京都新宿区区立牛込第一小学校」と改称し、さらに同23年4月「東京都新宿区立津久戸小学校」と改称。5月校歌改定。

 校歌「朝はほのぼの」 作詞・先生と児童  作曲・川上幸平

1.朝はほのぼの津久戸の丘に
  白い校舎よ 聳え立つ
  覚めよ静かな大気の中に
  明るい希望の鐘が鳴る
2.歌は流れる津久戸の丘に
  白い校舎よ 楽しいな
  学びの道に仲良く励む
  我等の学園うれしいな
3.緑輝く津久戸の丘に
  白い校舎よ 日が照らす
  遥かな富士の姿を胸に
  手に手を取って何時迄も

同24年父兄会を廃しPTA設立。赤十字少年団発足。
同26年天皇皇后両陛下、赤十字少年団の活動ご視察。
同28年アメリカ合衆国大統領ルーズベルトの夫人来校。
同29年開校50周年記念式典。同54年開校75周年記念式典・「つくど歴史館室」を開設。
平成6年校舎外装工事完了。同16年開校100周年記念式典。同17年校舎冷暖房化。

この施設 1km以内の周辺物件を見る

このページのTOPへ