【ニシスガモ】西巣鴨小学校

この施設 1km以内の周辺物件を見る

 西巣鴨1丁目27番にある区立校。明治43年時習分教場、同41年に廃校となった明治女学校寄宿舎(2丁目14番西巣鴨幼稚園の辺)を仮教場として授業開始。大正2年独立し巣鴨村大字巣鴨字新田769番地に「第一巣鴨尋常小学校」としてに開校。346名でスタート。

【校歌「谷端の流れ」】 作詞・宮崎力次郎  作曲・山本正夫

  1.谷端(やばた)の流れ いと清き
    巣鴨の里に地を占めて
    甍聳ゆる学び舎に
    集う我等の楽しさよ

  2.遥かに見ゆる富士ヶ嶺の
    清く雄々しき心持て
    谷端の川の耐えぬ如
    いざ勤しまん国のため

 昭和2年西巣鴨第六尋常小学校を分校。同3年第一~第五巣鴨は、それぞれ西巣鴨第一~第五に改めることになり、本校は「西巣鴨第一尋常小学校」と改称。

【校歌「昔は名所(などころ)」】 作詞・不明  作曲・武田瀧三郎

  1.昔は名所 霊域札所
    大日堂下に今はも学園
    国の進めの若木が育つ
    いざ大日本の青史を飾らん
    我等 我等 第一西巣鴨

  2.朝日燦たり学びの印
    朗らに伸びん 身は剛健に
    熱烈の業 補い助けて
    いざ大日本の宝となりけん
    我等 我等 第一西巣鴨

  3.此の日の丸の輝き見ずや
    学内隈なく国威籠もりて
    校内各所に生気は動く
    いざ大日本の国旗(みはた)となりなん
    我等 我等 第一西巣鴨

 同5年西巣鴨第七尋常小学校を分校。同7年北豊島郡の東京市編入により「東京府東京市西巣鴨第一高等小学校」と改称。同11年池袋第一尋常小学校を分校。同16年勅令148号国民学校令により「東京府東京市西巣鴨第一国民学校」と改称。同18年都制施行により「東京都西巣鴨第一国民学校」と改称。同19年8月長野県長倉温泉に学童集団疎開。同20年東京西部大空爆により校舎全焼。
 同21年西巣鴨第四国民学校(今の朝日小学校)と合併したが、校舎はなかったので、西巣鴨第二国民学校や重林寺などに分散して授業。職員室は大塚台小学校にあった。同22年学制改革(学校教育法施行)により「東京都豊島区立西巣鴨小学校」と改称。同27年ごろ学校のシンボル〝椎の木〟をPTAが植樹。この頃校歌制定。

【校歌「薫りも床しき巣鴨の丘に」】 作詞・本橋京二  作曲・武田瀧三郎

  1.薫りも床しき巣鴨の丘に
    聳えて建ちたる我等が学び舎
    春は桜の花雲湧きて
    気高き富士を遥かに望む
    我ら 我ら ああ西巣鴨

  2.明るく清く身も健やかに
    日毎日毎に伸び行く我ら
    良き師の訓え楽しく実り
    学びの庭に希望は躍る
    我ら 我ら ああ西巣鴨

  3.栄の光 幸ある我ら
    互いに手を取り労わり助けて
    古き歴史の誇りを胸に
    共に進まん理想の彼方
    我ら 我ら ああ西巣鴨

 同47年鉄筋コンクリート造り校舎完成。同38年創立50周年記念式典。同58年体育館改修。
 平成2年校庭舗装。同4年プール改修。同8年フィールドアスレチック完成。同12年地方自治法改正に伴う学校教育法改正により、校名から東京都の冠称が取れ、「豊島区立西巣鴨小学校」と改称。同15年校舎・体育館耐震化。開校90周年記念式典。

この施設 1km以内の周辺物件を見る

このページのTOPへ