【チトセバシ】千登世橋中学校

この施設 1km以内の周辺物件を見る

 目白1丁目1番にある区立校。平成11年学区の商業地化による生徒減少のため、高田中学校と雑司ヶ谷中学校が統合して出来た新設校。校名は、統合した両校の橋渡しをし、深く結びつけようとする気持ちを込め、両校の間にある千登世橋の名を取り入れた。同12年校歌制定。

【校歌「高田の杜の」】作詞・笠井絢子(あやこ)/作曲・稲垣由美子 編曲・島根恵

  1.高田の杜の学舎は
    歴史を継いだ千登世橋
    誠の道を高く持ち
    心と技を研ぎ澄ませ
    さあ輝こう 何時までも

  2.公孫樹の樹々に見守られ
    友と集える千登世橋
    誠の道を大切に
    優しい心 育んで
    さあ広げよう豊かな輪

  3.未来を見詰め競い合う
    若い力の千登世橋
    誠の山は遠けれど
    英知を磨き逞しく
    さあ羽ばたこう大空へ

■高田中学校 廃校
 昭和22年学制改革(学校教育法施行)により、目白小学校内に開校。同24年最終地に校舎落成して移転。同32年校歌制定。

校歌「丘を巡りて」 作詞・山下智  作曲・村瀬よね子
  1.丘を巡りて行く水の
    流れて止まぬ目白台
    時代を拓く若人の
    学びの窓に呼び合いて
    育む夢を乗せ行けよ
  2.槻(つき)の梢の小揺らぎを
    仰ぎて伸びよ青雲に
    未来を創る若人の
    真理の扉 開き行く
    叡智の額 光あれ
  3.礎深き学び舎に
    勤しみ励むこの集い
    今こそ我等永遠の
    誠実の心 受け継ぎて
    讃えよその名我が高田

 平成11年学区の商業地化による生徒減少のため、雑司ヶ谷中学校と統合して「千登世橋中学校」となり廃校。校地は、新しい校舎が建てられ千登世橋中学校に受け継がれた。

■雑司ヶ谷中学校 廃校
 昭和27年校歌制定。

校歌「美しき空の光に」 校歌・藤浦洸  作曲・米山正夫
  1.美しき空の光に
    武蔵野は緑輝く
    この庭に我等集いて
    幸多き時を待ちたり
  2.高らかな望み抱きて
    憧れは貴き真理
    この庭に我等学びて
    一筋に務め果さん
  3.香しき文化の華の
    咲き競う世界に続く
    雑司谷 我等が母校
    誇り持てその名謳わん

 平成11年、 学区の商業地化による生徒減少のため、高田中学校と統合して「千登世橋中学校」となった。新校舎の出来るまで旧雑司谷中学校の校舎を使用。同13年高田中学校跡地に新校舎落成して移転。同14年校舎解体。同16年新校舎落成して南池袋小学校が転入。

この施設 1km以内の周辺物件を見る

このページのTOPへ